1 コンピュータ等の購入について

 入学に伴うコンピュータ及びソフトウェアの購入について、Q&Aで以下のとおりご案内いたします。

 

Q:入学にあたって個人用のコンピュータを購入する必要はありますか。

A:個人用のコンピュータの購入は、必須ではありません。校内のコンピュータ室には、授業で使用していない時に自由に使えるコンピュータ(Windows10,Microsoft Officeインストール済)が60台あります。また図書館にも自由に使えるコンピュータが5台あります。

 

Q:個人用のコンピュータを購入する場合、基本性能やソフトウェア指定はありますか。

A:特に仕様の指定はありませんが、授業レポートの作成や提出、履修科目の登録など、コンピュータやインターネットを使って行うことが多いので、ハードウェアキーボード付きで、Microsoft Office ソフトが支障なく動作し、無線LANが使える機種をお勧めします。(下記参考)

 

新見公立大学では、学生が在学中にMicrosoft Office(Word,Excel,PowerPoint等)を、個人所有のコンピュータに無償でインストールして使用することができるライセンス契約を結んでいます。インストール方法などについては別途案内しますので、コンピュータを購入する際の参考にしてください。

 

2 コンピュータの参考仕様

OS: 64bit OS (Windows 10, Mac OSなど)
CPU: Intel Core i5 相当以上
メモリ: 8GB 以上
ストレージ記憶容量: SSD 250GB 程度以上
ディスプレイ解像度: 1366×768ピクセル以上
ソフトウェア: ウイルス対策ソフトインストール済み
その他: 有線LAN及び無線LANが使えること

 

3 学内のコンピュータ等

コンピュータ室に、60台のデスクトップコンピュータがあり、授業で使用していない時に、自由に使用することができます。(使用可能時間:8時30分~20時)

図書館にも、自由に使えるデスクトップコンピュータが5台(使用可能時間:9時~21時30分)と、貸出用のノートパソコンが20台(使用可能時間:9時~20時)あります。

また、学内にはWi-Fi(無線LAN)環境が整備されています。接続方法については別途案内します。