発表会の様子

 
 私たち新見公立大学健康科学部看護学科8期生は、約2年間にわたり、それぞれのテーマで卒業研究に取り組んでまいりました。今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、オンデマンド形式での発表会となりましたが、今までの集大成として本日を迎えることができ、大変嬉しく思います。今回の卒業研究を通して学んだことを今後に活かし、これからは国家試験合格に向けて努力してまいりたいと思います。
 卒業研究にご協力いただきました協力施設の方々をはじめ、2年間ご指導いただきました先生方、看護学科の先生方に深く御礼申し上げます。
                                                         卒業研究発表会委員長

開会式の様子
開会式 学生代表の挨拶

感染対策を講じた開会式
感染症対策を講じた開会式、他の学生は各自ネットワーク経由で送られる映像を視聴しました。

質疑応答の様子
感染症対策のために、遠隔で他の学年の学生と質疑応答を行いました。

質疑応答の様子
質疑応答の様子

閉会式の様子
感染症対策を講じた閉会式の様子、他の学生は各自ネットワーク経由で送られる映像を視聴しました。

4年生の感想

 卒業研究ではそれぞれのテーマで研究を行いました。約1年半をかけて研究を進めていき、研究背景の理解や情報を収集すること、テーマに合わせた研究方法を選択し実行していくことなど実践を伴いながら学ぶことが出来ました。また、それまで未知だった事柄が徐々に明らかにされていくことを実感し、その明らかにされた結果が新たに別の研究を行う際の足がかりとなることも感じました。さらに、その都度先生から助言を頂き、文章の構成など何度も修正を重ねていくことで、より良い研究となるように進めていく大切さも学びました。
 今年は感染症対策のためにオンデマンドでの発表やオンラインでの質疑応答になり、慣れない形での発表会となりましたが、状況に合わせた対応を学ぶことが出来たため、より自分の力になったと感じます。
 

3年生の感想

 卒業研究発表会で、先輩方の卒業研究について聞き、自分の卒業研究で参考にしたいと思う研究も多く、個別の電話で先輩方と話をできたため、自分の研究にも活用できるような質問をすることができました。
今回はオンデマンド形式で、映像を繰り返し再生することができたため、より研究内容を理解しやすかったように思います。自分が見たい研究を自由に見ることができたため、オンデマンド形式は、よかったように感じました。