学年進級と単位認定

地域福祉学科では、一部の科目の履修について、次のような条件を定めています。
 

(1)介護実習Ⅰの履修について

介護実習Ⅰの履修は、実習開始日までに実施された介護概論、生活支援技術Ⅰの試験に合格していなければならない。

(2)介護実習Ⅱの履修について

介護実習Ⅱの履修は、介護実習Ⅰ、介護概論、生活支援技術Ⅰ・Ⅱの単位を修得していなければならない。

(3)介護実習Ⅲの履修について

介護実習Ⅲの履修は、介護実習Ⅰ・Ⅱ、介護概論、生活支援技術Ⅰ・Ⅱの単位を修得していなければならない。

(4)介護実習Ⅳの履修について

介護実習Ⅲの履修は、介護実習Ⅰ・Ⅱ、介護概論、生活支援技術Ⅰ・Ⅱの単位を修得していなければならない。

(5)介護過程Ⅱの履修について

開講日までに、介護過程Ⅰの実施される試験に合格し、介護実習Ⅰの単位を修得していなければならない。

(6)介護過程Ⅲの履修について

開講日までに、介護過程Ⅰ・Ⅱ、介護実習Ⅰの単位を修得していなければならない。また、第6回までに介護実習Ⅱを終了していなければならない。

(7)介護過程Ⅳの履修について

開講日までに、介護過程Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、介護実習Ⅰ・Ⅱの単位を修得していなければならない。