卒業生からのメッセージ(健康科学部 看護学科卒業生)

看護師

Nさん看護師

 看護師として働き始め、この春で3年目を迎えようとしています。私の病棟は抗がん剤治療や放射線療法のために入院される方が多いです。がん患者さんの増加や新薬の開発で、治療を受ける方が増えてきており、とても忙しい毎日ですが、日々やりがいを感じながら看護に励んでいます。
 新見公立大学は決して大きな大学ではありませんが、だからこそ臨床経験豊富な先生方から近い距離で学ぶことができます。また、同じ夢を持つ友人と出会い、落ち着いた環境で看護を学ぶことができました。看護師になるまで実習や国家試験の勉強など大変なことがたくさんありますが、環境や出会いに恵まれ、地域の方に愛された新見公立大学だったから乗り越えられたと思っています。
 まだまだ未熟で大変なことも多いですが、色んな人に支えてもらいながら、今後も看護師として頑張っていきたいと思い
ます。

訪問看護師

Hさん訪問看護師

 自分の祖母が入院し、ずっと家に帰りたいと言っていた姿を見て、その人が望んでいる自宅での生活を支えたいと思い、新卒で訪問看護師として働き始めました。
 就職当初は、技術や知識が未熟な自分に訪問看護師が務まるか不安でした。しかし、先輩方に日々指導をしていただき、利用者さんから「ケアが丁寧で、いつも来てくれるのを楽しみにしてるよ」と言葉をいただいた時は本当に嬉しかったです。
 利用者さんの疾患のことはもちろん、生活全体も捉え、どうすれば自分の目の前にいる利用者さんがその人らしい生活を送ることができるかを日々考えています。決められた訪問時間の中で考え、ケアをする訪問看護の難しさを感じる反面、自分のケアが利用者さんの笑顔につながった姿を見ると、この仕事に誇りを感じています。
 これからも訪問看護師として成長し、1人でも多くの利用者さんの生活を支えていきたいと思います。

保健師

Mさん保健師

 保健師になるために新見公立大学を受験し、とても充実した学生生活を送ることが出来ました。保健師として働き始めてからは4年目になり、今は感染症対策を担当しています。県の保健師は感染症、難病、精神保健だけでなく母子保健に至るまで、地域の健康課題を広く捉えて関わることが出来ます。
 私は4年間の大学生活の中で保健師の役割を学んでいく中で、保健師として感染症に関わってみたいと思うようになり、県の保健師を目指すことに決めました。県の保健師は配属先が県内様々でありますが、私は新見市が初めての勤務地となり、学生時代から住み慣れた土地の健康づくりに携わることが出来ています。職場では頼りになる先輩と同僚に支えてもらいながら保健師として楽しく働いています。岡山県は保健師の人材育成の体制も整っていて、自分の成長をサポートしてもらっているなと感じます。岡山県の保健師として就職できて良かったと思います。

養護教諭

Fさん養護教諭

 養護教諭として働き始めて2年目でまだまだ慣れないことや不安なことが多いですが、子どもたちの心身の健康を守れるよう日々の保健室経営に努めています。私は、養護教諭を目指して新見公立大学に入学し、大変濃い充実した大学生活を送ることができました。学校現場では、怪我・病気の手当てや保健教育などを行う上でより専門性を持った養護教諭が求められます。そのため、看護学実習や保健師実習での学びは今の養護教諭の職務を行う上でもとても役に立っていると感じます。
 多くの子どもたちが保健室を利用する中で忙しい毎日を送っていますが、養護教諭としてのやりがいを感じることができています。様々な個性を持った子どもたちがいる中で、一人ひとりを理解した上で関わることができるよう普段から意識しています。子どもたちに寄り添い、頼りにされる養護教諭になれるようにこれからも頑張っていきたいと思います。

就職・進学状況(健康科学部 看護学科卒業生)

看護師国家試験合格率 (新卒)(2019年度平均) 100%
(参考:2019年度全国平均89.2%)
保健師国家試験合格率 (新卒)(2019年度平均) 100%
(参考:2019年度全国平均91.5%)
就職・進学率(2019年度) 100%
※国家試験受験者

 

2018年度看護学科の就職進学実績