本年度は、オンライン開催となり「中・四国保育学生研究大会」に、2年生有志19名がダンスと合唱で参加しました。

 本年度の「中・四国保育学生大会」では、創作ダンス、合唱、リズムダンスの3つに取り組みました。

  • 創作ダンスでは、自由な発想を出し合いながら表現を豊かにしていく過程 を体験し、身体表現の多様さについて学びました。
  • 合唱とリズムダンスでは、互いの声の響きや身体の動き を揃え、より美しい表現をつくりあげました。学生はこの活動を通して、通常の授業では意識しづらい「観客のた めの表現」を心掛け、実践することができていました。

参加した学生の感想を紹介します。

 表現技術の授業の中でリズムダンスや身体表現遊びを通  し、全身を使って表現をする楽しさを知ることができました。授業以外にも、中・四国保育学生研究大会を通して表現発表  の機会がありました。観客を引き込み、楽しんでもらうにはど  うすれば良いか、話し合いを重ねながら一生懸命練習しました。手足の角度や視線など、細かい動きを揃えるのは難しかったけれど、完成した時には感動と達成感を味わいました。
 これからも、子どもが身体表現を楽しい!したい!と思えるような指導ができる保育者になれるよう、これからも表現技術を高め、子どもの理解を深めていきたいです。

                                                                                     (健康保育学科 2年生 高原 愛梨)

 ダンス「希望」
 創作ダンス「希望」

にーみんたいそう
リズムダンス「にーみんたいそう」