学生からの報告:基礎ゼミナール⑤~高尾学区とんど祭りに参加して~

 2020年1月19日、私たちは授業の一環として、高尾地区のとんど祭りに参加しました。とんど祭りとは、正月の松飾り、注連縄(しめなわ)、書き初めなどを家々から持ち寄り一か所に積み上げて燃やすという小正月の行事です。私たちも祭りに参加するにあたり、事前に学校で書き初めをし、それぞれの抱負を書き持参しました。祭り当日、私たちはテントの設営、しし汁の配膳、ビンゴ大会などの手伝いを行いました。準備が終わると儀式が始まり、私たちの学校からも代表が参加しました。その後、点火されその場が一気に暖かくなりました。祭りには大勢の地元の方々が参加し、神聖で賑やかな祭りとなりました。私たちは手伝いをしながら地元の方々と交流を深めました。地元のみなさんは学生の私たちにとても寛容的で、去年の祭りの様子や地域のイベントなどについて私たちに話してくれました。また、とても美味しいしし汁や、とんど祭りの火で焼いた餅をいただきました。

 私はこのとんど祭りを通して、高尾地区の地域のつながりを深く感じました。また、正月の伝統行事が次の世代に受け継がれていることもわかりました。子どもからお年寄りまでが神聖な儀式に参加し、みんなでゲームをして楽しむということはとても素晴らしいと思いました。このような祭りやイベントを通して、地域で交流を深め、次の世代に文化を受け継いでいっていることを実感しました。

                                                (地域福祉学科2年 高山菜々子)

看板を学生が作成しました
 看板を学生が作成しました。

厳かに祭壇が組まれています
 厳かに祭壇が組まれています。

いよいよ点火です。竹竿の先に炎を移します
 いよいよ点火です。竹竿の先に炎を移します。

とんどの火にあたると風邪をひかずに健康で過ごせます
 とんどの火にあたると風邪をひかずに健康で過ごせます。

しし汁(イノシシの肉を使用)で温まりました
 しし汁(イノシシの肉を使用)で温まりました。