成績の評価

成績の評価は、次の標語をもって行います。

標語

成績の表示

点数

合否

80~100点

合格

B

70~80点未満

C

60~70点未満

不可

D

60点未満

不合格

 

GPA評価

通常の成績評価に加え、成績評価基準の明確化、厳格な成績評価の実施などのため、GPA(Grade Point Average)評価を行います。

 

GPAの計算

可のうち、いったん不可と評価され、再試験等の再評価によって評価された場合を可※とします。そのうえで、優を4点、良を3点、可を2点、可※を1点、不可を0点とします。
優と評価された科目の単位数に4を乗じた数値、良と評価された科目の単位数に3を乗じた数値、可と評価された科目の単位数に2を乗じた数値、可※と評価さ れた科目の単位数に1を乗じた数値及び不可と評価された科目の単位数に0を乗じた数値の総計を、優と評価された科目の単位数、良と評価された科目の単位 数、可と評価された科目の単位数、可※と評価された科目の単位数及び不可と評価された科目の単位数の総計で除した数値をGPAとします。

 

単位の認定

授業を履修し、その授業科目の試験に合格すると単位を修得することができます。学生は、学期ごとの授業開始前の所定の期日までに、履修し ようとするすべての授業科目を登録しなければなりません。ただし、選択科目にあっては、開講から授業時数の3分の1を超えない日までに申し出れば履修科目を変更(取り消しを含む)することができます。 学生は、病気その他やむを得ない事情により試験を受けることのできなかった場合には、許可を受けて追試験を受験することができます。また、試験および追試 験に不合格となった場合には再試験を受けることができます。授業科目によっては、試験の代わりに、論文、レポート、実技等によって評価される場合があります。

幼児教育学科 

地域福祉学科