卒業生からのメッセージ(※前身である新見公立短期大学 地域福祉学科卒業生)

福祉活動専門員

Iさん福祉活動専門員 

 私は新見公立短期大学を卒業後、4年制大学へ編入し、社会福祉士の資格を取得しました。現在、総社市社会福祉協議会へ入社し、地域住民や関係機関の専門職と連携しながら地域にある生活問題を解決する仕組みづくりに努めています。業務では、困ったことがあると職場や地域の方と相談しながら、日々楽しく勤めることができています。
 新見公立短期大学では、地域に根差した講義があり、そこでの地域の方とのふれあいやボランティア活動などの経験が仕事に活きています。社会福祉士の仕事は、日常生活上の様々な問題に対応していくため、人生での経験が実践につながると思います。新見公立大学は、地域と密接な学校だからこそ、多様な経験を重ねることができます。
 ぜひ、学校生活の中で様々な経験を重ね思い出に残る大学生活を送ってください。

介護支援専門員

Fさん介護支援専門員

 私は新見公立短期大学地域福祉学科の一期生として基礎科目に加え、地域の方との交流を通し、多くの事を学びました。実習は緊張や、失敗で落ち込む事もありましたが、友人や先生に励まされ、乗り越える事ができました。社会福祉士に興味を持ち、大学へ編入を考えた時期もあり、母校が大学になり、社会福祉士に挑戦できる様になった事を嬉しく思います。
 今は自宅で介護を必要とされている方の相談やサービスの調整をする仕事をしています。地域支援事業として、介護のコツや介護予防体操の紹介などを行う介護者のつどいを開催したり、地域で認知症の方を支える取り組みとして認知症サポーター研修の講師もしています。この仕事は人との繋がりのある素晴らしい仕事だと思います。介護の経験のない若い方や子どもたちにも関心を持っていただける様に頑張っていきたいと思います。

放課後等デイサービス事業経営

Nさん放課後等デイサービス事業経営

 短大時にボランティアで通っていた障がい者施設に就職しました。しばらくして学びと職域を広げたく思い、仕事をしながら社会福祉士と発達障がい教育を学べる大学に編入しました。現在は障がいのある子どもたちの放課後等デイサービスを自身で立ち上げ、運営しています。
 介護支援に必要で大切な考えを短大で学んだからこそ、障がいのある子ども達の将来を見越した支援を意識するようになりました。現在、自分たちが先頭に立ち、地域の子どもたちの支援を牽引して行くのだと強く思いながら、子どもたちに関わっています。この仕事の醍醐味は、成長の瞬間に立ち会える事です。コツコツとチームで継続して関わってきた事があるタイミングで花開く、そんな瞬間を家族とスタッフと本人と一緒に喜び合う事ができます。障がいの分野は、まだまだ発展途上です。新見公立大学に入って、深めてみてはいかがでしょうか。

施 設 長

Mさん施設長

 学生時代は勉強に加え、部活や学友会活動をしていました。在学中に専門職としての基本を学び、卒業後は市内にある病院の療養病棟と特別養護老人ホームで勤務しました。数年働いた後に、専門職として今までの経験を活かし、自分にできることがないかと考え、協力者と仲間を得て会社を設立し、平成23年に小規模デイサービスを開所しました。その後、居宅介護支援事業所と訪問介護事業所を立ち上げ、認知症ケア専門士や介護支援専門員等の資格を取得しました。
 現在は施設長として管理運営や職員育成に力を入れています。また、『ケアネットにいみ』という会を学年の異なる卒業
生で発足し、定期的に集まって研修会や座談会をしています。さらに、非常勤助手としても母校での教育にも携わっています。
友人や先生との出会い、また大学で学んだことは多く、本当にこの学校を卒業してよかったと思っています。

 

 

就職・進学状況(※前身である新見公立短期大学 地域福祉学科の実績)

就職・進学率(2019年度) 100%

2019年度地域福祉学科の就職進学実績