卒業生からのメッセージ(※前身である新見公立短期大学 幼児教育学科卒業生)

保育所

Hさん
保育所勤務のHさん

 私は、保育士という幼い頃からの夢を叶えるため新見公立短期大学に入学しました。
 現在は岡山市の公立保育士として、毎日子どもたちの笑顔に囲まれながら過ごしています。子どもたちと同じ目線に立ち、「やってみたい」や「楽しいな」という気持ちを一緒に感じながら成長を見守れる日々にやりがいを感じています。壁にぶつかることもありましたが、新短で経験したことの一つ一つが私の糧となり、新見公立短期大学でよかった! 保育士になってよかった! と心から感じています。就職してもいつでも温かく迎えてくれる大学や先生方、そして一生の仲間に出会えるのが、私の大好きな新見公立短期大学です!

幼稚園

Sさん幼稚園勤務のSさん

 「幼稚園の先生になりたい!」幼い頃からの夢を叶えるために、新見公立短期大学に入学を決めました。自然豊かな新見市で、友だちや先生方にも恵まれ、とても充実した短大生活を送ったことが人生の糧となった私は、現在倉敷市にある、倉敷マリア・インマクラダ幼稚園(モンテッソーリ園)で働いています。子どもたちの『ひとりでできた!』の笑顔を毎日たくさん見ることができたり、小さくても、自分自身で選び、決めたことに向かってやりとげようとする姿を見たりしながら、元気をもらっています。子どもたちの笑顔のために、そして自分自身の笑顔のために、新見であなたの夢を叶えてみませんか?

施設

Aさん施設勤務のAさん

 施設実習の授業で、初めて障がいを持たれている方と触れ合い、そこで日々の生活のお手伝いをすることに魅力や楽しさを感じ、この職業を選びました。利用者の方がより楽しく、日々やりがいを感じながら過ごすことができるよう支援に励んでいます。利用者の方々の笑顔が私のやりがいに繋がっています。
大学では保育園や幼稚園、こども園についての学びに加え、幅広く展開される授業の中で施設保育士についても詳しく学ぶことができます。勉学に適した新見という素晴らしい環境のもとで、同じ夢を持つ仲間との学生生活を楽しみながらたくさんのことを学び、自分の可能性を信じて夢に向かって頑張ってください。

一般行政(市役所)

Tさん市役所勤務のTさん

 卒業後、新見市内のこども園で3年間保育教諭として働きました。4年目の現在は、市役所の福祉部子ども課子育て支援係で、保育所などへの入退所の手続きや保育料関係などの事務をしています。
 保育現場とは異なり子どもと関わることはありませんが、行政や福祉の面から様々な学びを得たり、保育料や入退所を決定するまでの流れや段階を知ることができました。これらは、保育現場では知ることができなかったことです。 保育教諭として現場に戻ったとき、現在の仕事で学んだ知識を生かし、子どもたちの最高の笑顔をたくさん見られるように頑張りたいと思っています。

就職・進学状況(※前身である新見公立短期大学 幼児教育学科の実績)

就職・進学率(2018年度) 100%

 

2018年度幼児教育学科の就職進学実績