地域福祉学科の基礎ゼミナールCでは、クラスを5つのグループに分け、市内の2地区の住人の皆様の協力のもと学生が地域で学んでいます。そのうちの一つ、高瀬具グループが7月31日新見市高瀬地区で、そばの種まき作業を行いました。
 学生たちは蕎麦の種まきは初挑戦でしたが、地域の方々に教えていただき楽しく作業をさせていただきました。まいた蕎麦は1週間ほどで発芽し8月下旬には花が満開になる予定です。
 今後は、10月に刈り取りを行い、来年1月には収穫した蕎麦を使い蕎麦打ちをし、それを地域の方々といただきながら交流を行うことになっています。

新見市高瀬の蕎麦の種まき1 
新見市高瀬の蕎麦の種まき

 

 

 

 

 

 


新見市高瀬の蕎麦の種まき3

 

 

 

 

 

 


高瀬の蕎麦の種まき4